夏の暑さが苦手なデグー

適温が18-22℃といわれるデグーにとって夏の暑さは大敵です。 デグーは汗もかかないので扇風機なども大きい効果があると言えず、部屋の温度自体を下げるのが一番でしょう。 まだ6月ですが、我が家では部屋の温度が上昇するお昼から夕方くらいまでは冷房を弱でつけています。 デグーは南米のアンデス地方が原産なので、乾燥している気候に慣れているんですね。日本の梅雨は正反対の気候なので、冷房をつけていないときは、なるべく窓を開けて部屋に風が通るようにしています。 部屋を散歩させていたら、窓際の涼しいところでくつろいでいました。

暑くなってきたらやっぱり夏野菜カレー

気づいたら今年も梅雨の時期。毎日じめじめでムシ暑いですね。 夏に近づいてくると食べたくなるのがカレーですね! 今夏で最初のカレーを作りました。 鶏肉を焼き色がつくまで焼いて、玉ねぎとなすを炒めて、トマト缶のホールトマトを入れて煮れば完成。あっという間に出来ます。 夏野菜でカラダをクールダウン。 レシピはこちらを参考にしました↓ パプリカやアスパラガスがなかったので、冷蔵庫にたくさんあったなすを使ってつくりました。具材を変えれば色々とアレンジができそうですね。 グルテンフリーのトマトカレー http://www.elle.co.jp/gourmet/cooking/recipe/1877

「木空人」でランチ

古民家のピッツェリア「木空人(もっからにん)」でランチをいただきました。 自宅から徒歩10分くらい、周りはのどかな畑や森に囲まれた住宅街のなかにあります。 今回の訪問は2回目で、ランチメニューは3種類から選べるランチセットからビュッフェ形式へ変わっていました。ランチビュッフェは¥1,500〜。ドリンクやスイーツも欲しい場合はそれぞれ+¥200,300ほどでつけられます。 (前回来店時にいただいた酒粕を使ったスイーツは感動するくらい美味でした!) 今回は食事のみの¥1,500円のコースを注文、カウンターに並べられたおしゃれで美味しそうな前菜を何種類かと、ネギと豚の角煮などの自家製の付け合わせと一緒にカレーをいただきました。 ご飯は五穀米と白米から選べますが、この日は団体のお客さんが先にいて、かつ入店した時間が遅かったせいか白米しか残っていませんでした。前菜も少なめになっていましたね。のちに知りましたが、本来は前日予約ということでしたので仕方がなかったです。 サラダのドレッシングが少し変わっていて、おからベースと切り干し大根ベースのいずれも食べるドレッシングというものでオリジナリティが高く、とっても美味しかったですよ! 前菜もイタリアンから和まで幅広く自家製のオリジナリティ溢れるものでした。 食べ終わったころ、お店の方が「お腹いっぱいになりましたか?よろしければピザも焼きますので、食べたいピザがあれば教えてください。」とお声がけくださいましたので、チーズたっぷりのピッツァをお願いしました。ビュッフェのプレートだけではピッツェリアに来てもったいないので、みなさんも来店の際はぜひ焼きたてピッツァも頼んでみてくださいね。 この日はサービスでコーヒーまでいただいちゃいまいた、個人経営のお店ならではのアットホームな感じがいいですね。 サラダ・前菜・カレーのビュッフェに焼きたてピザでお腹いっぱいになって¥1,500円はとてもお得です。 どの駅からも歩いて20以上くらいかかるのですが、狭山丘陵/トトロの森を散策の際に足を運んでみてはいかがでしょうか? 「木空人(もっからにん)」 電話: 04-2928-1784 住所: 埼玉県所沢市山口2240-30 営業時間: 11:30~ ランチ営業、日曜営業 *土日のみランチビュッフェ営業 食べログ: https://tabelog.com/saitama/A1106/A110601/11003469/